Blog

堂々と残すということ



パソコンのコードが♡に見えるのは私だけ?




オンライン片づけ個人レッスンでした。




オンライン上で片づけを見守り、

お客様が物を見つめながら

涙ぐまれているのって




他から見たら不思議な光景かも

しれないですね。。。




「ちえ先生のレッスンは深いですね」って。




よく言われます笑。




たかが片づけ、されど片づけ

こんまり®︎流は人生がときめく

片づけメソッドです。




私も色々学んできて、

この世の仕組みを学び

今また改めてこんまり®︎メソッドに

感動しています。




そりゃ人生動き出すよね。




この世の仕組みを

片づけで表現するとこうなる。




こういうブログを読んでいる方って

何かしら悩まれたことがある方だと

思います。




幸せにのほほーんと生きている方は

読む必要ないもんね。




注)全くディスってませんよ!

それで一生過ごす方だっている。

それでいい。




私自身も

「あれ?何のために生きてるんだったけ?」

ってところまで落ちた一人です。




死にたいとかではないけれど、

他から見たらそうは見えない

かもしれないけれど




つまるところ人生がつまらない。。。




私の人生このままこんな感じなのかなと

静かに絶望していました。




まじめでそれでも

自分の人生をあきらめていない方が

色々学ばれるんだと思います。




前置きが長くなりました💦




タイトルの

「堂々と残すということ」について




こんまり®︎メソッドでは

ときめく物を残します。




これが大大大原則。




片づけで物を選ぶとき、

その物の欠点を探し始めたら

その時点でときめいていないよね。




絶対に残す最高にときめくものは

迷わない。秒で選んでる。




でもね、実際の現場では

たーくさんの物と向き合います。




だから、見た目はときめくとか

ではないんだよなーっていう物もあるわけで。




でも、今それがないと困る!!

っていう物あるでしょう?




例えば、

ハサミが一本もなかったら超不便だし、

洗濯が間に合わないほど服を捨てて

風邪ひいたらバカみたいだし笑




それがあるから

快適に暮らしができるという物。




そういう物まで

無理に捨てる必要はありません。




私たちはミニマリストに

なりたいわけではなく

自分らしく豊かで丁寧な暮らしを

したいのだから。




むしろそういう物に感謝ですよね。

だからそういう物は堂々と残す。




この「堂々と」っていうのが

とっても大事。




自分が残すって決めたのだということ。




誰かや何かのせいにせず、

自分が今ヨシとしたのだということ。




泣いても笑っても自分の

今のスタートはここ。




他の誰かになる必要はない。

たとえ、他の誰かになれたとしても

幸せとは思えない。




あなたらしく堂々と生きればいい。




そしてこれも大事なことだけれど、

片づけが終わった後も

あなたが選ぶ物は変わり続ける

ということ。




その時さらにときめく物と出会ったら

入れ換えればいい。




片づけが終わったあなたが選ぶ物は

以前のあなたが選ぶ物とは違う。




人生はどんどん良くなっていく。

本当に。




だから、今残すと決めた物は

堂々と残そうね。




あなたがいてくれるからとても助かる

っていう気持ちで使ってくれたら

物もとても喜ぶ。




ますますサポートしたくなる。


















対面でもオンラインでもあなたのときめく方で。





閲覧数:39回

最新記事

すべて表示