top of page

Blog

踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らにゃ損損



Flora Academy®︎の認定講師による

個人セッションをいたしました。



今いろんな状態のお客様が

いらっしゃいます。



特に悩みや聞いて欲しいことが

ある訳ではないけれど

エネルギー哲学®︎が前提にある人同士で、

たっぷりお話ししたい。



今上手く行ってる、

問題がないと思ってるからこそ、

より広い世界に行くのに、

セッション受ける。



いいですねー❤

誰でもそうですが、自分だけでは

視野が自分の周りの世界だけに

なってしまうから。



知ることで、世界が広がります。

選択肢が増えるから楽になる。



知った後、行動するのは自分です。

逆にいうと見える側からいうと

自分で選べるということ。



・今はまだここにいたい。

・よくわからないけれど、やってみよう。

・知ってしまったからには、

サクっと移動しちゃおう。



全部アリです。



セッションする側は圧はかけません。

こういう選択肢もあるよって

見せるだけ。



セッションする側もいろんな道を

通ってきました。

誰一人として同じ道を通っていません。



その道を通ったからこそ

見える景色があります。

お客様自身のその体験を奪うことは

決してしません。



そんなおこがましいことはしない。



今回私がセッションをして

改めて思ったのは

ご本人は無意識かもしれないけれど

一定数「悩んでいたい」方が

いらっしゃるなーということ。



悩んでいたいから、

あの問題がよくなっても

違う問題を作り出す。



あれがこうなったどうしよう。

これをしたことでああなったら

子供がかわいそう。



ちっともかわいそうではありません。

子供に失敗する自由ぐらい

あげてください。



ここでもやっぱり視野を

大きく持っていることが力になる。





そして、

人生はある意味決断の連続です。

選択と言い換えてもいい。



もちろん自分やご家族にとって

大きな決断が必要になることもある。



だからこそ、

普段はそんな深刻にならずに

楽にサクサクいきましょう。



常にまだ起きてもいないことで

脳内リハーサルをしていては

それだけで疲弊してしまいます。



私たちは人間なので、

疲れたらやる気がなくなります。

普通にイライラもする。



時間がもったいないよ。


あなたはもう既に十分頑張っている。

その上、そんなに自分を自ら

がんじがらめにしないでください。



脳内リハーサルで消耗しているパワーを

本来のやりたいことや

ゆっくり身体を休むことに使いましょ。



わかってる、わかってるんだけど

できない。。。という場合、

だから私はダメなんだではなく。



「今、私はここにいたいんだ」

とただみてあげてください。



誰も何もあなたにそうすることを

強制していません。

自分がそうしているんだ

ということをただ見てください。



そして、今まではここにいたけれど、

もういたくないなって思ったら

今すぐ変えることができる。



嫌ならまた戻ってくることもできる。





エネルギーは常に動いています。

変わらないものは

何一つとしてありません。



個人セッションを受けている

その事がもう変わっている証拠です。



エネルギー哲学®︎を知ったからといって

人生に何も問題が起きなくなる

わけではありません。

例えば天災。

天災にあった人が

悪いわけでもなんでもない。

起きるときは起きる。



「現実に何が起きても、

心からこれが最善だと思える

自分で生きられること。」



そうなれたら心の底から

安心できませんか?



そういうあなたをお子様にも

見せてあげること。

それがお子様自身の生きる力になります。



そうは言っても生きていれば、

いろいろありますー。

わかります、わかります。



でもだからこそ、だからこそです。



人は常に幸せに向かって生きていることを

知っておくことです。



大きな視野をもっておくことです。

そこだけ見ずに人生をトータルで

考えてね。





目の前のことをやりながら

もっと長い目で優しい眼差しで

自分を見てあげてね。

色々書いたけれど、

いちいち深刻にならずに

もっと気を楽に生きましょー。



人生は有限だから、

楽しんじゃいましょう。



踊る阿呆に見る阿呆、

同じ阿呆なら踊らにゃ損損です。



Flora Academy®︎の認定講師による個人セッションはこちら

うまく話そうとか全く思う

必要はありません。

リラックスしてお話しくださいね。


閲覧数:80回

最新記事

すべて表示
bottom of page