Blog

お父様の牡丹がつないでくれた縁




エネルギー哲学®︎入門講座のご感想です。




知子さん 大阪府



とてもわかりやすく、

あっという間の3時間でした。



仕事で悩んでいて、

椿本さんのお話を聞いて、



椿本さんから今日この講座を

受ける事も決まっていたのだな

と思いました。



実際にどのようにすれば

愛由来に生きれるのか、

教えて頂いた事を

実践して行きたいと思いました。



 


職場の人間関係で悩んでいた時、

亡くなったお父様が育てていた牡丹を

自宅に持って帰って飾ったら




お父様の愛情を感じて

涙が止まらなかったそうです。




「牡丹の花が見えない世界にいる父と

つなげてくれたのです」




知子さんの2022/4/23の記事です。




この出来事を通して

花には特別な何かがあると確信し、




もっと知りたいと

インターネット検索をして

「花を飾ると、神舞い降りる」

に出会ったとのこと。




花神を読んで、

まさに私が感じてたことと同じだ

と思ったそうです。




「花は見える世界と

見えない世界をつなぐツール」




花は見える側で妖精は見えない側です。




職場の人間関係は

知子さんの問題でもなんでもなく

相手の問題でした。




言ってしまえばその方は不安が

とても大きいのですね。




その人の不安に付き合う必要は

全くありません。




そして、知子さんには

もういい流れがみえています。




このタイミングで

エネルギー哲学®︎入門講座が

気になったことも




職場でいい流れになったことも

きっとお父様の牡丹が

つないでくれたのですね。




「人生は常に良い方向に流れています」




これはこの世のしくみだから、絶対です。

たとえ、あなたが今そう思えなくても。




私たちは自分ひとりで何でも決めて

生きていかなければいけない

そんな厳しい世界に生きていないのです。




でもね、そう思えない時ありますよね。

問題の渦中にいる時は特に。




だからこそ、だからこそです。

まずは知ってほしいのです。




知っていたら、

ああそうだった目に見える側では

こう見えているけれど、




目に見えない側では

欠けは埋まっていってるんだった

と思い出せる。




他人の不安に巻き込まれることも

自分の不安に飲み込まれることなく

一旦落ち着くことができる。




私たちは人間だから、

不安はゼロにはなりません。




自分が不安から行動していることに

気づいていないことも多いです。




それは仕方のないこと。




自分の不安に気づいたら

「ああ、私、今不安なんだな」、以上。




それ以下でも以上でもありません。




原因を探して自分を責めるのではなく、

不安を感じている自分を

いたわってあげてください。




原因探しをする暇があったら

ゆっくり湯船に入るとか

大好きな趣味に没頭する

仕事を一所懸命頑張るとか




何でもいいから、

自分のやりたいことをやってください。




安心して不安になっていい。

慌てる必要もない。




その問題だけ見ないで。




問題だと自分に見えているなら

もうその問題はよい方向に

向かっている途中だということ。




自分にそんなに厳しくしないで

人生トータルでみてあげよう。




一歩一歩、今目の前にあることを

やっていこう。




それが全てあなたの癒やしになる。

休むことだけが癒やしではないから。




見えない側がつないでくれた縁を

結ぶのはあなたの行動だよ。













5月21日に安曇野カミツレの里での対面開催が決まりました。



閲覧数:79回