Blog

だから私はそこへ行く




急にある人にある事を

言われたことを思い出した。


何でもない事のように見えて

私の心に小魚の棘のように

刺さっていることを無視できなかった。


それが私にとっては

全く見当違いなことがわかったので、

ここに記しておこうと思う。


先日の久高島での体験が

はっきりとそれを教えてくれた。




私が好きなことは旅行ですと言ったら

「それはただの趣味ですね」

と言われたことがある。


まるで何か目的を達成するためには

無意味な事のように・・・。


でも、私の世界では無意味どころか

それで生きていることを確認すると

言ってもいいぐらいに大切なこと。


5%にもみたない見える世界なのに

私たちは一生のうちで

本当にほんの少ししか

見ることができない。

体験することができない。


見たことのない景色を見てみたい。

五感で感じたい。


それは時には圧倒的な自然だったり

私一人では体験することのできない

経験だったりする。


どこにでも惹かれるわけじゃない。

理由はわからないけど

何か知らないけど惹かれる場所が

確実にある。


それで何か目的が

達成されるわけではない。




でも、私は行く。


気になったのだから

気にならされたのだから

私には行くしか選択肢はない。




気になっても全て行けるわけでもない。

できるだけ自分の望みを

叶えてあげたい。


生きているうちに。




そして今の私は

見える側では

何も変わっていないように見えても




見えない側では

エネルギーが動いていることを

知っている。




もし、あなたが誰かに何かを言われて、

傷ついたら

もう一度あなたの声を聞いてみてほしい。


その発言をした人が誰であれ、




世間的に身分が上の人であろうが

有名人であろうが

頭がいい人であろうが

あなたの上司や先生にあたる人であろうが

関係ない。


その人の発言があっているか

あっていないかは関係ない。


確かに他の誰かには

当てはまるのかもしれない。


でも、あなたの心が違うと言ったなら

違うのだ。


それは自分の考え方に固執して

誰の意見も聞かない

ということとは違う。


もっと深いこと。


片づけでときめく物を選ぶ時の

体感と同じこと。

そこに理由はない。


片づけコンサルタントでも、

家族でもなく

あなたがときめくかどうかが大切。


物だけでなく、することも全く同じ。


会いたい人に会いに行けばいい。

行きたい所に行けばいい。

やりたいことをやればいい。




本当にやりたいことは迷わない。

次の瞬間にはどうしたらやれるかを

一所懸命考えている。




ということで笑

次は私はカミツレの里に

カミツレが開花するにこの時期に

ここに行きます笑




自分の身体で確認してくる。




カミツレの里で開催します

私と同じようになんか知らないけど

惹かれた人たちが来てくださいます❤︎


閲覧数:73回

最新記事

すべて表示