top of page

Blog

エネルギー哲学と量子力学のエネルギーは同じですか?



椿本千詠(つばもとちえ)です





エネルギー哲学と

量子力学は同じですか?

というご質問が時々あります。





何を隠そう私も最初、

代表の須王に同じ質問をしました💦

その答えは

「一旦、量子力学のことは忘れてください」

でした。





分かっていないのに、

まさに分かろうとしていたんですね。





でもその質問をしたくなる

お気持ちわかります。





「エネルギー」とか「観察」とか

っていう言葉が出てきますもんね。





私は量子力学を知っているわけでは

ありませんが、

エネルギー哲学でいう「エネルギー」は

量子力学でいう「エネルギー」

とは違います。





ちなみに電気やガスのエネルギーとも

違います。





エネルギーをもらった!

エネルギーが上がった!

と言う時のエネルギーとも違います。





小さな粒々でもありません。





エネルギーにいいもわるいも

高い低いも重い軽いもありません。





エネルギーに質量や形はありませんが、

目に見えるもの、

目に見えないもの 全てが

同じエネルギーでできています。





量子力学でいう「観察」と

エネルギー哲学の「観察」

も全く違います。





量子力学では確か観察したら

エネルギーが動くんですよね。





エネルギー哲学のエネルギーは

見ていても見ていなくても

常に動いています。





意思なく、ただ動いています。





量子力学を否定している

わけでは全くありません。

視点が違うだけです。





量子力学に詳しい方、

今度お話を聞かせてくださいね。





そして、エネルギー哲学は

現実が豊かになるための哲学です。





ふわふわスピリチュアルでも

いつも脳内お花畑でもありません。





よろしくどうぞ笑



















閲覧数:110回

最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page