top of page

Blog

行かずにはいられない場所


椿本千詠(つばもとちえ)です。





新潟のこちらに行ってまいりました。


CAVE D`OCCI





ワイナリーなんですが、

宿泊もできるところです。




思えば5年前?

プロフィール写真撮影で東京に行った時に

新潟の素敵な女性と知り合いになりました。





少し前にその方とお話ししていた時に

ちえさん、ここ好きだと思うと

教えてくださった場所でした。






そして、友達と夏の旅行を計画していた時に

友達の口からカーブ・ドッチの名前が

出てきたのです。





ここもいつか行きたい所なんだよね、と。





最初は全く別のところに行く予定でした。

でも、ああ今回はここなんだなと即決笑





聞けば雑誌で見かけて気になっていたとか。

いろんな雑誌がある中、

ピンポイトでこことか

びっくりを通り越してもはや寒いっ笑。





私の場合1回はスルーできても、

2回気にならされたら

無視できないかもしれません笑





本当に素敵な場所でした。





私はあまり飲めないし、

全く詳しくありませんが、

ワイン好きな人はたまらないと思う。






海にも近く、砂地というのが一つ鍵らしい。

向こうに見えるのは佐渡島








ワインに合うお料理がまた最高で。

シェフのお名前を二度聞いたほど😆



今回の旅でいろいろなことを知りました。

燕三条という市はなく燕市と三条市があり

イマイチ仲がよくないとかw





ワイン用のぶどうは粒が

パチンコ玉ぐらいしか大きくならないから

2本の木からやっと1本のワインが

できることも





だからワインって

高くないのかもしれません。





後でちょっとここには

書きづらいことも知る笑。





とにかく景色が素晴らしく、

吹き抜ける風が気持ちよかった。

聞こえるのは鳥のさえずりだけ。

朝が特に賑やか。





こちら新潟で有名な

ドイツ人建築家カールさんが手がけたもの




AVEDAのエステのお姉さんも

とても技術がしっかりしていて温泉も最高。

本をゆったり読める場所もあります。





こちらは朝ごはん、

野菜もパンもおいしかったこと!






越後一宮である弥彦神社に

連れて行っていただきました。





穏やかな優しいエネルギーで

大好きな神社に堂々仲間入り。




夏至が近かったので

茅の輪くぐりもさせていただきました。




久しぶりにお会いした

新潟を案内してくださった

女性の美しさに驚愕し、

(還暦とのことですが、

マイナス10歳は若い。)





大きなご自宅の庭に癒され、話が尽きない。

健康オタクとご自分で

おっしゃっていたように

色々試されていて、

されている内容にまた驚愕笑





体を使って現地に行くと

ネットやテレビでは決してわからない

そこでしか感じられないことがある。





出会いがある。





そりゃ飛行機に乗ったり、

道に迷ったり、荷物が重くなったり笑

体は普通に疲れることもあるけれど

行かずにはいられない。





それが生きるってことだと

私は思っています。





ということでお近くの方もそうでない方も

ぜひ行ってみてくださいね。














自宅に帰ってきたら

それはそれでまた極楽笑なのは

片付いているから


閲覧数:61回0件のコメント

Comments


bottom of page