top of page

Blog

それは他人の問題です



椿本千詠(つばもとちえ)です。





いつも頭の中が忙しい人は

まだ起きてもいないことを

あーでもないこーでもない

と妄想している状態です。





そして、自分の問題ですらないことを

いちいち問題としています。





例えば、営業活動をしてはいけないという

ルールがある場所で

営業活動をされたとします。





こちらはさらさら購入する気はない、

それならそのまま、その話は流せばいい。





それは確かにルールに反しているけれど

あなたの問題ではありません。





あなたはまだ何も被害を被っていません。





それをいちいち問題だ問題だと

騒ぎ立てる必要はない。





そんなことをしたら、

その人と縁ができちゃう笑





そんな事にかかづらっている時間が

もったいない。





そう、いちいち何かを問題にする人は

ご本人の頭の中は忙しいと思いますが、

こちらから見ると暇に見える。





自分の事を一所懸命やっていたら、

そんな事を考える暇もないはず。





イジメをする人も理由の一つに

本人が暇ということがある。





私が公立の学校に通っていた時は

そこにイジメがありました。





その後、進学校に進学し、大学に入り、

大企業に入りましたが

そこからはイジメを見かけたことが

ありません。





勉強や仕事で本当に

そんな暇はサラサラないからです。





昨日、片づけ個人レッスンのお客様が

「私的には片付けて

頭の中が静かになるのが一番嬉しいです。

その分自分のやりたい事ができる」

とおっしゃっていました。





本当におっしゃる通りー!

時間は有限、あなたの命そのもの。





部屋は心の状態を映す鏡。

部屋の状態が心の状態を表しています。

まあ、本当にそれはものの見事に。





だから、頭の中がいつも

ごちゃごちゃとうるさい人は

部屋から片づけてしまえばいい。





床の面積や空間が増えていくのに比例して

頭の中にもゆとりができていく。





部屋が明るくなるのに比例して

表情も明るくなっていく。





自分本来のやりたい事を

シンプルにやれるようになるから

当たり前なんですが、

自然に夢も叶っていく。





ますます明るくなる。

いい循環ができていく。





他人の問題まで自分の問題としてしまう

癖がある人は

その癖を治すより、

部屋を片づけてみてねー!





その方が簡単です。





自分の人生を自ら複雑にしないでね。

もっとシンプルでいい。















対話しながら心も片づけていきます。




閲覧数:54回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page