top of page

Blog

人生が変容する時



椿本千詠(つばもとちえ)です。





9年前の夏、私は沖縄旅行中に

毎年マツダミヒロさんとWAKANAさん

ご夫妻が開催する

しつもんカンファレンス

の会場である万国津梁館に行きました。






その時の旅は私にとって一つの転機であり、

とてもとても大切な時間でした。





一生忘れられない旅でした。

その旅でぜひそこに行きたかったのです。





その時の万国津梁館は

何も開催されておらず、

広い広間を見学させていただきました。









その時の広間を抜ける風の感覚を

身体がよく覚えています。



私にとっては、

その場所に実際に行くということが

とても重要なのです。





全ての場所に惹かれるわけではなく、

なぜか惹かれる場所がある。





万国津梁館もその一つ。





体力的にも時間的にも資金的にも

生きているうちに

全ての場所に行けるわけもなく

せめて自分が惹かれるところへは

自分を行かせてあげたいなと思っています。





なぜそこなのかはその時の私には

全くわかりません。





行っても何もわからないかもしれない。

でも、私は行かずにはいられない。





しつもんカンファレンス

の動画を見させていただいて

登壇者や客席の最前列に

お会いしたことがあるあの人やあの人の

錚々たるお姿を確認して

なぜかとても嬉しくなりました。





と同時にそうだよね、皆様惹かれますよね。

そりゃ全国からだけでなく外国から

来ますよね、と思ったのです。





間違いなくその場でしか

感じられないことがある。





こんなにいろんなジャンルのプロが

一堂に会するイベントって

他にないんじゃないでしょうか?





そして、登壇者なんだけど

上からという感じが全くしない。





それはやはり

しつもんカンファレンス

という場だからなのではないでしょうか。





ミヒロさんは無意識かもしれないけれど

ミヒロさんが考える登壇者の組み合わせにも

カギがあるのかもしれません。





その土地との縁、

登壇者・参加者関係なく

そこに集った人との縁がつながる場所。





若いうちからそんな環境に触れられる

学生さんたちが普通に羨ましいです笑





自分一人で体験できることには

限度があるけれど

みんなでみんなの体験を分かち合えたら

こんなに力強いことはない。





堂々と近道ができる。





しつもんカンファレンス

に来たことで、自ら気づき、

人生の舵を切る人が絶対にいる。





その人たちが沖縄から

自分のホームへ帰った時、

周りの人たちに

自然に影響を与えていく。





それぞれの持ち場から

また何かが広がっていく。





そんな光景が自然に浮かんできます。





しつもんカンファレンスの

動画はこちらです。






















ライフツリーカードも

行かずにはいられなかったご縁でした







行かなかった自分がむしろ恐ろしい笑

閲覧数:87回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page