Blog

言うことは変わっていい。


最近は私の中でミモザが旬。

アクセサリーもタオルもミモザ色❤





言うことは変わっていい。

歴史の解釈だって変わる。



例えば、私が学生の時、

源頼朝だって教えられた肖像画は

足利直義かもしれないそう。

医療だってそう。



例えば、昔、学校のプールサイドに

目を洗う蛇口みたいなのがあって

みんな並んで目を洗いました。

昭和w



目についたカルキを洗い流すって

ことだったと思います。

今でもあるのかな?



眼科でも昔はまず患者さんの目を

洗ってたそうです。



でも、今は洗いすぎると必要な分泌物

まで流してしまうので、

必要以上に洗わないのだとか。



ちなみに薬局で売ってる

洗眼液も意味がないらしい。





防腐剤が入ってる場合

むしろ目によくないんだとかw



その時はさっぱりするけどね。





こういうのは不安をあおった宣伝に

惑わされないようにしないとね。

歴史も医療も研究が進んだって

ことですよね。



何でもそうですが、

変わるのは自然のこと。

自分の言うことが変わると

気にされる人がいるけれど





「この前こう言ってたよね」

って言われないかな?とか



→言われたことある?



「この前こう言ってたのに」

って思われないかな?とか


→たとえ思われても、

思わさせておけばいい笑

そんなんその人の思いだから、

知らぬ。

だから何?笑

自分の好きなモノもコトも変わる。

過去好きなモノが今好きかどうか

はわからない。



まず視野を広く、知ること。

でも、この世の全てを知ることは

できないし、そんな必要もない。



自分が気になったことからでいい。



自分にとって旬な情報を取りにいくと

行動が変わる。





先の洗眼のことも自分がいよいよ

花粉症になって調べたことです。笑



洗眼液は買わない、

目の周りを清潔にしつつ目薬をさします。





「今」自分が好きなモノ、

コトを選ぶこと。



過去でも未来でもなく、今ね。

だから、当然言うことが

変わることもある。





それでいい。





閲覧数:43回

最新記事

すべて表示