top of page

Blog

心が幸せで溢れそうな感じになりました



椿本千詠(つばもとちえ)です。





片づけ個人レッスンの後に

メッセージをいただきました。




Y様 三重県

ちえ先生、月曜は、強風の中を

来ていただいてありがとうございました。



たくさん整えてくださったり、

気づきを与えてもらって、感謝でした。



ちえ先生は、優しさの土台がある上に、

たまにビシッと厳しいことも

言ってくださるのがありがたいです。



メリハリがあるというか…

素直に受け止めることができました。



あの後、小学校、高校、短大、社会人一年目

の時の手紙をときめきチェックしました。



一度チェックはしてあるので、

今回は15通ほど手放したけど

ほとんど残りました。



友達との楽しい思い出がいっぱい蘇り…



失恋ばかりだったけど、

いつも友達が励まして

応援してくれてたこと…



社会人1年目は必死だったけど、

優しい保護者の方の励ましも

いただきながら、

子ども達と充実の日々を過ごせたこと…



自分がどれだけ周りの人に

恵まれていたかを改めて感じて、

心が幸せで溢れそうな感じになりました



たくさんのアドバイスを

送ってくださってありがとうございます。



一つひとつが深くて…

やっぱりちえ先生はすごいです。



アドバイスを大切に心に留めて、

引き続き進めていきますね 。




 

聞けばY様は最初に

「人生がときめく片づけの魔法」

に出会ったのが10年前!!




それから整理収納アドバイザーの

勉強もしたりしたけれど

やっぱりこんまり®︎流がいいと

あきらめなかった。





もうそれだけやりたいのだから

やらせてあげればいいですよね!





いよいよ最後のカテゴリ、

思い出品に突入!!

本当に本当に感慨深いです。





「自分がどれだけ周りの人に

恵まれていたかを改めて感じて、

心が幸せで溢れそうな感じになりました」





そう気付かれたことが

もう全てを物語っています。





人生誰しも生きていれば色々ありますが、

このY様なら大丈夫。

たまにパニックになることは

あっても大丈夫。





私のお客様は真面目で一所懸命で

優しい人ばかり。





本当に一所懸命生きてこられたのだな

ということがお話しているうちに

しみじみ伝わってきます。





これは完全に私の好みなんですが、

一所懸命生きている人に向かって

例え正論であっても

思いやりを持って優しくお伝えしたい。





人には感情があるから

その方がやる気になるし、

素直になれる。





そしてやっぱり素直は最強です。





まだ、よく分からないけれど

そう言われたからやってみよう!!

という人が進んでいきます。





自分に合わなかったから

やめればいいわけですし、

軽やかにやってみたらよろし。





やってみないことには

自分に合うか合わないかさえわからない。





ああでもない、こうでもないと

誰かや何かのせいにしているうちは

残念ながら自分の足で自分の人生を

歩めていません。





なぜ、言い切れるかと言えば

私自身が散々そうしてきたからです。





散々親や他人のせいにして、飽きたと言うか

ああ、これでは、ほ・ん・と・うに

人生何も変わらないんだなと

やっと気づいた時に





こんまり®︎流片づけに出会い

自分の人生を自分の手に取り戻せたから

言い切れるのです。





こんまり®︎流片づけは

”ときめき”がキーになります。





その"ときめき"はお客様にしか

わかりません。

だってお客様の人生だから。





だから残る物の量も人それぞれです。

多いからダメ、少ないからイイという

問題ではないのです。





レッスン中、伝えたいことは

山ほどありますが、

段階を追って順番にお伝えしていきます。





じゃないと伝わりませんので。





Y様のご自宅は

木の温もりが感じられるというか

木の温もりだらけ!のお家。





家の中にブランコがあるんですよ♡





家に愛情を持っておられます。

これから片付け終わって

絵などを飾るようになると

さらに大切に思われることでしょう。





一生のうちであと何人の方の

伴走をできるかわかりませんが

間違いなく時間も体力も有限であるわけで





私でお役に立てることであれば

全力で伴走しようと改めて

思わせていただいたメッセージでした。





本当にありがとうございます♡


















閲覧数:54回

最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page