top of page

Blog

1階から見える景色と10階から見える景色は違う



椿本千詠(つばもとちえ)です。





人生にはそこまで来たからこそ

見える景色というものがある。





例えばあなたが

マンションに住んでいるとして

当然、1階から見える景色と

10階から見える景色は違う。





10階からの方が遠くまで見渡せる。





人生もそれと同じ。





それがいいとかわるいとかではなく

単純によく見えるようになる、

そういうもの。





遠くまで見えるようになると

人生に選択肢が増える。





それは自由という言葉に

置き換えてもいい。





例えば私たちは今特定の街に

住んでいるけれど

別に絶対にそこに住まなくちゃ

いけないことはない。





日本に住まなきゃいけない

という法律もない。





そういういろんな思い込みを捨てて

遠くまで見渡した上で

それでも自分が

そこを選んでいるということ。





そうやって人生を主体的に歩いていこう。





何かや誰かのせいにしている限り

いつまでたっても

自分の人生は始まらない。





人生には段階があるから

いきなり遠くは見えないかもしれない。





でも、目の前の道をコツコツ歩いていたら

いつの間にか遠くが

見渡せるようになっているもの。





いつだって視野は広く

することは小さく!!





寒い時は服をたくさん着て、

暑い時は脱ぎますね。





そうやって、人生のいろんな段階を

いろんなものの助けを借りながら

あわてずくさらず歩いていこう。





2024年の年末の自分を楽しみに

景色を見ながら一緒に

一歩ずつ歩いていきましょう。





あなたは絶対に大丈夫だから。













閲覧数:56回

最新記事

すべて表示
bottom of page