top of page

Blog

パワハラかそうじゃないかもわかるはず



椿本千詠(つばもとちえ)です。





今日歩いていたら、

ビルの工事中のところに差し掛かりました。





そこで親方が叫ぶ、

「それじゃない、

もっと大きな下地の方からもってこい」





若者は素直に持っていく。





それを聞いて私は

ちゃんと仕事をしてくれて

ありがとうって思ったんです。





同時に

そんな大きな声で言わなくてもって

ふてくされる人がいるかもしれない

ということが頭をよぎりました。





ともするとパワハラだとか言い出す。

パワハラはもっとねちっこいです笑





親方は若者よりいろんなことが見えている。

仕事の段取りや一番大切な安全についても。





それは若者の命にも関わること。

仕事の段取りだって

これからの若者自身のためになること。





安全に関わることだから

大きな声で聞こえるように伝えないと

意味がない。





もしかしたら自分でやった方が

楽だし速いかもしれない。

でも、教えてくださっている。






親方はいちいち言わないけれど、

歩行者の安全など

いろんなことが見えている。





最初は分からなくて当たり前。

だから教えてもらう。





分からないのだから、

最初は言われた通りやってみるしかない。





なりふり構わず一所懸命やるしかない。

ふてくされている暇なんかないはず。





でも、コツコツやっていくうちに

いつの間にか当たり前に

できるようになっていく。

視野が広がっていく。





自分が一所懸命やっていれば

親方がパワハラかそうじゃないかも

わかるはず。





やがて自分が親方になる日も来るでしょう。





でも、いつも受け身だとそうは思えない。

自分事としてとらえてないから、

自分の人生に積み上がっていかない。





これではいくら職場を変えたところで同じ。





何でも、結果をすぐ求めずに

まずやってみよう。





本当にやってみて

嫌ならやめればいいだけのこと。





やってみないとそれすら分からない。





いつも他人のせいにしていると

人生がつまらなくなる。





つべこべ言っているうちに

本当にあっという間に

人生が終わってしまう。





でも今わからないことは

わからないのだからしょうがない。





だから、素直に学びながら

自分の人生をよそ見をせずに

一歩でも前に進めていけばいい。





誰だって

一生かけてもわからないことは

普通にある。





だからみんな助けあって生きている。





自分の人生を生ききるために

必要なことだけわかれば十分。





人生はもっとシンプルでいい。








PS.

私も新人の時、本当に

何にもわかってなかったなー。

なんかすいませんでしたw

















例外のないこの世の仕組みをお伝えします



閲覧数:49回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page