top of page

Blog

占いとの付き合い方



椿本千詠(つばもとちえ)です。





もう9年前!に

ロシアのとある有名な占星術師に

依頼したリーディング結果が

英語だったので

自分で辞書を引き引き訳していましたが

膨大な量だったので、

ほったらかしていました💦





先日思い立ち、

ChatGPTに訳してもらいました。

だいぶ変な訳だけれど大筋はわかりました。





最初の方にこんなことが

書いてありました。



 

占星術は他のいろんな職業と同じように、

例えば医学のように、

多くの人に知られていますが、

完璧を期待しないでください。



あなたが医者や弁護士、

またはあなた自身に

完璧を期待しないでしょう。



占星術師も同じです。



細かいところが時々当たらない

理由のもう一つは、

出生時刻が常に正確に

記録されていないことです。



出生時刻は、

5分単位で最も近い時間に

切り上げられたり、

切り捨てられたりする傾向があります。



また、出産自体が長引くこともあります。



出生時刻とは何か、という点は

占星術師の間で長い間論争の的と

なってきました。



それは最初に息をした時か、

頭が出た時か、へその緒が切られた時か、

どれが出生時刻なのか。



いくつかの場合、

それぞれの間に数分の時間が

経過することもあります・・・



 


ちなみに私の出生時刻は

22分だったので、

5分単位ではなさそうです。





でも、どのタイミングを

出生時刻としたかは

今さらわかりようがありません。





仮に生まれた時の星回りが悪いからと

言われたとして

そんなこと言われても

どうしようもないですよね笑





だから、占いは大いに

参考にすればいいけれど

あくまで参考です。





統計学と言っている人もいます。





この部分はあたるかもしれないけれど

あの部分はあたらないかもしれない。





一方、自分の人生において

自分以上に知っている人はいません。





世の中の正論や正解がどうであろうとも

あなたはあの時、がっかりした。

あなたはあの時、大いに傷ついた。

本当はああしたかった。





それがあなたの人生においての

真実です。





そして、医師も弁護士も占いもあなたも

完璧は無理。

失敗することもある。





でも、

医師にも弁護士にも占いにも頼りながら

いえ、

みんな完璧は無理だからこそ、

みんなで助け合いながら

それぞれが自分の人生を生きていけばいい。





同じ占いを聞いても

感じることは人それぞれ。





占いを通して、

自分のことに気づくこともある。





何かのきっかけになることもある。





答え合わせをしたかのように

勇気をもらえる時もある。





何をしていても

自分の人生において

自分がどうしたいかというか

どうありたいかを問いかけながら

歩いて行こう。





失敗を恐れずに。





あなたが一所懸命やったなら

その時はそう思ったなら

それでいいじゃない。





失敗しても

いろんなものごとや自然や人に

なぐさめてもらいましょ。

























閲覧数:76回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page