Blog

詰まってた物がポン!と音を立てて外れて流れる様になった感覚を味わいました。


「カラーボックスは今後撤去します」




こんまり流片づけ個人レッスン対面の

お客様から感想をいただきました。




Mさん 愛知県 30代女性


本の片づけ作業2回目でしたが、

相変わらずの本の山に目眩がしました。



片づけレッスン最後の1時間は

よく覚えてません(笑)


椿本先生が帰られた後、

残された本の山を前に呆然としましたが、



「出来る所から始めよう!」と

自分を鼓舞して

本のときめきチェックを始めました。



その中で感じた事は

「自分の好みが変わっていってる」

という事でした。



昔大好きだった本が今はイマイチだと

感じたり、

買った時はときめいてた本が

今はときめかなかったり…。



自分の変化に戸惑いながらのときめきチェックでした。



いまいちときめくか分からない物もあって、

余計困惑しました。



その中で、自分は知らず知らずのうちに

変わっていっていて、

物もそれに伴ってアップグレードする必要が

ある事に気付きました。



また、今までずっと(15年近く!)

自分のキャパシティ以上の物を

持ち続けたので、

同じ本が何冊もあったり、

好きな漫画も何巻を持ってるかが

把握出来て無かったり…。



自分の管理出来る範囲内で物を持つこと

の重要性を感じました。


また、自室の横の廊下を片づけて、

段ボールに十年位入れっぱなしで

埃まみれになってた

昔大好きだったDVD達に



「今までありがとう」と感謝しながら捨てて

埃の積もった廊下を出来る所まで

拭き上げて、



廊下がひとまず片付いた時、

何というか詰まってた物がポン!

と音を立てて外れて流れる様になった

感覚を味わいました。!




ビフォー


そして今まで気にならなかった廊下の

カラーボックスやカーテンの汚れ、

窓の汚れが気になる様になり



「こうなったら片づけ期間中に徹底的に綺麗にしてやるぞ!」

気力が湧いて来ました。


まだまだ綺麗部屋への道のりは長いですが、

自分にとって居心地の良い部屋を作る為に

頑張りたいと思います!



Mさんは明らかに本が一つの山場のお客様



2部屋に本がたんまり。



確かにレッスンの時は呆然としてたね笑

それぐらい、キャパオーバーの本を持ってたってこと。




それを今、痛いほど認識した。

それが大事。

そこからがスタート。




Mさんみたいに一歩ずつ歩いていく。

そうすると、色んな事に気づく。




いくら知識だけ知ったところで

身にならんとですよ。




やるから、

あなたの「今」に気付けるようになる。

・汚れが気になるようになる。

・ああもう私はこれにときめいていないんだな




本当はもうときめいていないのに

それを無視するから、

自分がわからんにようになっていくわけですよ。




もう今はときめいてない物も

その時それを買う必要があった

自分だったわけです。




例え、今見たら

そうじゃなかったとしてもです。




そこだけ見たら無駄にしてしまったと

思うかもしれないけれど、




そうじゃない。

その時はそれが必要だったから仕方がない。




だからこそ、

そのお役目を担ってくれた物に対して

ありがとうなわけです。




そこに罪悪感はいらない。

気づいたならもうそのお役目を

卒業させてあげて。




この世に変わらないものなんてない。




詰まってた物がポン!

と音を立てて外れて流れる様になった

感覚を味わいました。!




は気のせいでも何でもなく

本当にそうなんです。




だから、気力がわいてくる。




そりゃどんどん進んでいくよね。

魔法でも何でもなく笑、当たり前のこと。




何より、いろんなことが見えるようになった

あなたはもう以前のあなたとは違うんです。




追伸

ある朝、Mさんに

「廊下片づけたら、床拭いてね」って

そろそろ言おうって思ってたら

この報告笑




「奇遇ですね!」って言われたけれど

本当は奇遇でも何でもなくて。笑




もともと私たちはエネルギーで交流している。

個人レッスン期間中のお客様とは

そりゃつながってるよね。




ちょっと何言ってるかわかんないかもですが。

わかる人には普通の話笑



閲覧数:59回

最新記事

すべて表示