top of page

Blog

こんなはずじゃなかったのに



椿本千詠(つばもとちえ)です。





生きていれば

こんなはずじゃなかったってことが

起こることもある。



時には身体の一部が

削られた感覚になることもある。



それはあなたが頑張ってきた証拠。

サボっていたのだとしたら

そんなにショックも受けない。



そして、それはネガティブな事に

見えるかもしれないけど

幸せになるための通り道。



もっと自分を長い目で見てあげてね。



でも、頑張ってきたあなただから、

実際痛かったよね。

ショックだったよね。



だからこそ

こんなはずじゃなかったと

自分を責めるのではなく





私は何を間違えたのかしらと

原因を探すのではなく





自分を癒してあげてください。

一旦休んでもいい。



自分がどんな思いだったか、

どんなにがんばったか

自分が一番知ってるでしょ。



いつもどんな時も自分が

自分の一番の味方でいてあげなくて

どうするの。



あなたはそうするしかなかった。

それしか道はなかった。





自分に誠実であればいい。





自分の精一杯をやったなら

もう大きなものに身を任せればいい。



コントロールできないことに

気をやまなくていい。

それはあなたが気にする必要のないこと。



大丈夫。

あなたが幸せに向かっていることは

決まっている。





たとえ今はそう思えなくても。



もっと自分の人生にリラックスしよう。





その道を通ってきたあなたは

自分が思っているより

きっと強くなっているから。











1月21日は愛知県春日井市で

対面講座を開催いたします。


閲覧数:36回

最新記事

すべて表示
bottom of page