Blog

片づけレッスンで9割型とりはずすモノ


こんまり®︎流片づけ個人レッスン

オンラインの様子です。



Y様 三重県 40代


衣類→本→書類→小物→思い出品と

こんまり®︎流片づけで明確な片づけの順番を




粛々と進めてこられて

ただいま小物の片づけまっただ中。




その前に本を読んだり、

セミナーを受講したり、

本当にコツコツ片づけてこられた方です。




小物は種類が多い。




だから、ご提案をしつつ、

なるべく小物の中で

ご希望にそったモノから片づけます。




今回はこちらの物入れをなんとかしたいとのこと。




ビフォー

ビフォーの見本のような状態です笑

いいちらかりっぷりです。

片づけがいがあります。




でも実は物自体はそんなに多くありません。

さすが、ご自分でがんばっていらしただけ

のことはあります。




ここに典型的なあるあるがあります。




①引き出しの前に物がおいてあるため

引き出しが機能していない。




引き出しの中は9割収納どころかスカスカの

こともよくあります。




上手く収納が使えていないだけの状態なんですよね。




②畳めるものを畳んでいない。


ゴムを替えたい、

ウエス(ボロ布)用にしたいなどの布類が

中断につっこまれている状態。




これはかさばって見える代表格。




畳んで立てて収納したらつくろいものはこれだけ。

何かしらないけど漠然と多いものは、

人間やる気がおきないよね。




ウエス用の布もすぐ使える状態にカットして、

この右の箱に畳んで立てて収納します。

(これは宿題に)



で、宿題のご報告でいただいたお写真がこちら


「古いタオルを雑巾サイズに切って収納しました。

充分すぎるくらいの量になりました。 どんどん使って家を綺麗に

していきたいと思います。 雑巾に縫わなくちゃという固定観念が

ありましたが、切るだけでもOK、

使い捨てでもOKと教えていただけた

のも大きな収穫でした。

ありがとうございました。」

人間、色んな思い込みありますよね。

でも、○○しなきゃっていう思い込みを

手離す度に楽になっていきます。




自分と自分の大切な人が快適に暮らすことが

やりたいことですものね。



③左の壁のネットラック



これも収納が上手く使えていないお家で

本当によーく見ます。




で、結果から言うと9割型とっぱらいます笑

あると、何かしらぶらさげたくなるよね。




今回は使用頻度が多くないリモコン、

空のスプレーボトルなどなどがありました。




全部引き出しに余裕で入る。




引き出しに入らなかった直角定規は

ネットラックが掛かっていた

フックに幅がピッタリ!

Y様も「すごいです!」って。




正直、収納を作る段階で、

このための収納場所なんじゃないか!という

ゴールデンポイントみたいなことは

よく起きます。




お家が教えてくれるようになるんですよね。




アフター

棚が3段空きました。

他の場所にある外に出ているモノも

収納できますね。




緑色の箱は裁縫箱




ちょっとこの写真では伝わらない

かもしれませんが

裁縫箱を置いた瞬間

明らかに今までと違ったんですよね。




それはオンラインでこちらから見ていた

私にも伝わるぐらい。




現場にいるY様はびっくりするほど。




裁縫箱のやる気が見られる笑

何だか誇らしげ。

モノもね、ご本人のお役に立ちたいんですよね。




だって、そのためにいるんだから。




ご感想

「もう白いカゴはなくなったので、

引き出しが楽に開けれるようになりました



使い勝手が悪いなぁと

ずっと思ってきたけど、

自分達がうまく収納が出来てなかっただけ

なんですね



けど1人で収納作るのはムリでした。

ちえ先生の見守りやアドバイスがあったからです!

ありがとうございます」




といいつつ、サクサク収納を作られて

引き出しの中もこの通り。


これも今までの片づけ、

レッスンの積み重ねがあったから。

本当に何も無駄になってない。




前々回の宿題の文房具もこの通り。



「ビフォー写真を改めて見てみて、

全然違うのでビックリしました」



みんなおっしゃいます。

信じられないと・・・。




もう過去の状態は思い出せないと。




一度気持ちのよい空間を体感してみてください。




体感したら速いから。

戻れなくなるから。




「知っている」と

「できる」は違います。




残念ながら「知っている」だけでは

現実は動きません。




Yさん

「家の空気感が何か違うんですよね。

今ならお友達に泊まりに来てもらっても

いいんじゃないと家族も言うぐらいです。」




そそそ、そういうことです。

もう、そういう状態にあるということ。




それが、ご家族にも伝わるぐらいに。




それがわかるYさんになっている

ということが本当にすごいこと。




みんな、よく見て!!




よく見たら、○○だった。

やってみたら、○○だった。




なだけだから。




ちょっとしたことで全然違うから。

どんどん本来のあなたに戻っていくから。







閲覧数:49回

最新記事

すべて表示