top of page

Blog

「優しさとは、見せる物でも伝える物でもないのかもしれない」



椿本千詠(つばもとちえ)です。





ライフツリーカードセッションには

バースナンバーセッションという

セッションがあります。 





文字通りバースナンバーとは

誕生日から割り出すナンバーです。





数秘と似ていますが、

ライフツリーカードオリジナルの

ナンバーになります。





一生変わらない

持って生まれてきたエネルギー、

テーマ、才能、性質がわかります。





決してそれにとらわれる必要はないけれど

自分のバースナンバーの

性質を知っておくことは、

これからの人生のとても助けになる。





ちなみに私のバースナンバーは

「9 MOON」です。





ちょっと転機かな?と思った時に

「ん?」と感じて

ライフツリーカードを引くと

MOONを引くことが多い笑





同じカードなんだけれど

その時々によって感じることが違う。





ガイドブックの言葉も響くところが

全然違うから不思議。






MOON

Heart of Gold 

黄金の心、思いやりがある。心優しい。





その時、響くところは全然違うのに

結局いつも原点を確認する

ことになる。






ガイドブックのMOONのページは

こんな言葉で始まっています。





目に見えないところで

誰かのことを心から想い、信じる。



静寂と慈愛に満ち溢れた月は

優しさとは何かを教えてくれる。



暗闇の中でそっと寄り添うように

ただそこに在り、

黄金色の光を照らし続けながら

何かを教えるでも手助けするでもなく、

私たちの心の奥の思いも

全て包み込んでいく安心感。



優しさとは、

見せる物でも伝える物でも

ないのかもしれない。



様々な天体と調和をはかりながら 

自らのリズムで満ち欠けを繰り返す月は、

ただ月としての人生を全うしているだけ。



太陽の光を一心に映し出し、

輝きながら光を分かち合う月のように、

目の前の出来事や

誰かの行為の中に見つけた光が

そのまま光としてあなたの中に反射し、

その光線が波紋のように広がっていく。

そんな心と生き方が

優しさと豊かさを生み出していく

のではないだろうか。



つづく・・・




 


どんなに自分がそれを正しいと思っても

正論を振りかざすのではなく

いつも優しくありたい。





何より自分のために優しくありたい。





時に誤解されたり

他人に評価されなくても関係ない。





そんな不確かなものに

自分の存在をあずけるつもりはない。





ただいつも自分として在りたい。





それが結果として

誰かを照らすことになったら

そんなに嬉しいことはない。





それぞれ違うけれど

各々がただ自分でいる

そんな人たちの側にいたい。










あなたの持って生まれた性質も

ぜひ確認しに来てくださいね。




閲覧数:42回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page