top of page

Blog

熟睡するためにできること〜つづき



椿本千詠(つばもとちえ)です。





よく眠れるようになったという

お客様の声をご紹介いたしました。





以前こちらに

ごちゃごちゃw書きましたが

風水だからと難しく考えずに





要は環境を整えることです。





寝室は特にゆっくり休めるように

(寝ている間に雑念が入らないように)

物を減らしてすっきりとさせて下さい。





これが大大大前提です。

これだけでだいぶ違います。





お掃除やリネンの洗濯も

楽にできるようになります。





自然といつも寝る環境が

整うようになります。





その上で今日はもう一つポイントを

お伝えします。





それはベッドの位置です。





寝た時に入口や窓が自分の死角に

ならないようにして下さい。





頭側にドアや窓がある場合が

それにあたります。





人も動物、

元々危険を察知する能力があります。





見えない所から

何かが入ってくる可能性があると

無意識で緊張するそうです。





見えたら逃げる体制がすぐ整えられる。





だから、

・ベッドを入口からなるべく離す。

・ベッドの足側が入口になるようにする。

・窓とベットを並行にする。





などベッドの位置を

気にしてみて下さい。





ちなみに絵も

窓と同じ意味があります。





これは私の実体験ですが

気に入って購入した

小さな月の絵がありました。





それを最初、

ベッドの頭側の壁に飾ってみたのですが、

何か落ち着かない。

夜中に目が覚めます。





そこでベッドと並行な壁側に

変えてみたところ

ぐっすり眠れるようになりました。





ちょっとしたことで

人生はもっと楽になる♪





何か参考になれば幸いです。

















個人レッスンでは間取りなど

個別の事情も考慮して

アドバイスいたします



閲覧数:41回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page