top of page

Blog

それを私もしたいから、今回添削を申し込んだのだと気がつきました



椿本千詠です。





添削サービスのご感想をいただきました。





N様

先日は記事添削をしていただき、

どうもありがとうございました。

遅くなりましたが、

感想をお送りします。


“なぜこの答えが出るに

いたったのか知りたい“

とのご指導。



なぜこう思うようになったのか、

細かい過程を意識していませんでした。



曖昧にしているところを逃さず

言語化していくと、

自分が何を考えているのか

深く自覚できるのだと気がつきました。



丁寧に細かく色んな角度から

自分の思考を言語化していきたいと

思います。


“より多くの人へ伝えたい

ということですと、

あともう一歩読み手側の視点を

想像すると良いと思います”というご指導。



私は苦しいことがあったとき、

いつもインターネットで

言葉を探していました。



同じ境遇の人は、

どう考え乗り越えてきたのか

知りたかったのです。



私は先行く人々に

たくさん助けられてきました。



それを私もしたいから、

今回添削を申し込んだのだと

気がつきました。



読み手側の視点を

あまり考えてこなかったので、

言語化するのが難しいのですが、

私が椿本様の文章を

読みたくなるのは何故なのか?

そういった視点で

考えてみようと思います。


丁寧に書いたつもりでも、

話し言葉になっていたり、

結論が伝えたい内容とズレていたり、

ご指導いただくことで

気がつけて良かったです。 また、読んで分かる内容だと知って

安心しました。


それから、ご返信いただいたメールを

何度も読み返しました。

読んでいて、言葉の丁寧さに

目が覚める思いがしました。



添削のご指導、

そして在り方を学ばせていただき

どうもありがとうございました。



自覚させていただき、

本当にありがとうございます。



自分の気持ちに気がつき、

なんだか体が震えて

怖い感じもありますが…(笑)

ガシガシ書いてみようと思います!



 


自分の想いを言語化すると

いろんな事がわかります。




わかっていない事は

あいまいな言葉になる。




あら、私こんなこと思っているのね

という気づきもある。





書くことで心が整理されることもある。





N様の文章は

とてもわかりやすかったです。





今回、このサービスに

お申し込みしてくださった事が

さらに一皮むける転機になったなら

嬉しいです。





当たり前だけれど、

人に上下はありません。





でも、N様がおっしゃる通り

先に歩いてくれている人がいる。





あなたの悩みは

かつて誰かが悩んだ悩み。





先に歩いている人に助けられて

次は自分が後ろの人に

バトンを渡していく。





私はたまたまこれを知っているから

あなたにお伝えするね、

というだけのこと。





どんな人も一人で

生きている人はいません。

順番です。





こんな事が?という事が

誰かの助けになります。





出し惜しみなく書けばいい。





あなたの想いを言葉で

キュッキュッと磨いていけばいい。





あなたの言葉で救われる人がいる。












PS.

このサービスは

少しお時間をいただきます。

(文章を送付していただいてから

1週間ぐらい。)





何度も読みたいので。

違う日にも読みたいから。















少し落ち着いたので再募集いたします。



閲覧数:45回

最新記事

すべて表示
bottom of page