Blog

あなたがエネルギー哲学®︎と出会うまでのストーリーを教えてください。


2019年2月の花会にて、これで3人分の花。





2021年にFlora Academy®︎が発足してから

1年が経ちました。



今、私が初めてエネルギー哲学®︎と

出会った時のことを

改めて記しておこうと思う。

2019年に須王代表の名古屋のご自宅で

開催された花会に誘っていただいた

事が全ての始まりでした。

(現在ご自宅での花会の開催はありません)

当時から花が好きだった私は単純に

なんて圧倒的で

なんて素敵な花の会なんだろうと

それだけで行きました。

私ももう何十年も名古屋に

住んでいますが、

それまでは須王代表と、

かすってもいなかった。

ずっーと前に名古屋で開催された

ある方の講演会に須王代表も私も

参加していたことが

最近判明したけれど

例え距離が近くたって

出会わない時は出会わない。

物理的な距離は関係ない。

そして、

起きることは決まっているから

そんなことはないけれど

例え私がその時

須王と出会っていたところで

私は何も本当に何も

受け取れなかっただろう。


その時、花会で出会うことが

私に用意されたシナリオでした。

2年後にFlora Academy®︎の

副総代になるなんて

これっぽっちも

想像していなかったけれど。

そんな花会でご縁を

いただいた私でしたが、

エネルギー哲学®︎1期2期

(2期同時並行)は見送っています。

それはなぜか。

その時、私はあるビジネスセミナーに

参加していて、

シングルタスクな私は

両方は無理だなと思ったこと。

もう一つは講座名から

私が行くべきではない講座だと

勝手に決めつけていたこと。

その時エネルギー哲学®︎は

「見えない世界を視る講座」

という講座名でした。

当時何もわかっていなかった私は

いやー見えないものが

肉眼で視えたら怖いし、

(完全にお化けと勘違いしている💦)

仮に視えたとしてそれを

どうしたらいいかわからない。





絶対持て余す。


という全く見当違いな解釈から

勝手に諦めていました。

でも、どうしてもどーしても

行きたかった。





自分の感覚を見過ごせなかった。


何をするのかも

それで何か結果があるのかも

そんなことはどうでもいいから

何かを体感したかった。


だから2020年に

3期に行くことになる。




結果から言うと

行かなかった私はあり得ない。 (そういう講座はあと2つある)

行かなかった私=

自分が不安から行動していることを

気づかないまま走り続けていた私

を想像するだけで怖い笑

それに気づき、

立ち止まることができた。

でもね、その不安由来だった私も

必要だったんです。


そんな私がいたから、

散々それをやったから、

それが不安由来だという事がわかった。


それでは結果上手く行かない

それではキリがない

そんなことのために

私は生きているのではない

ことに気づくことができた。

この時も妖精が癒してくれていたんだね❤︎





もっと若い時にエネルギー哲学®︎と

出会っていたら

もっと人生を楽に生きられたのにと

思うけれど

同時に同じぐらい

私にとってはこれが最速で

私にとってはベストなタイミング

だったことを日々実感しています。

エネルギー哲学®︎は

この世の仕組みだから





人生に起きることを全て

その前提から見ることができる。


本当に例外なく全て説明できる。

例えば片づけコンサルタントとして

「片づけ」もそうだし、

日々起きることも全て。

終わる縁があり、

始まる縁があるということも。

もちろんこれはエネルギー哲学®︎で

言ったらとか24時間考えている

わけではないけれど、

その前提が根底にあるということ。

だから、今目に見える側が

どうであろうと落ち着ける。

それがどんなに安心なことか。

それがどんなに楽しいことか。


エネルギー哲学®︎は「哲学」だから

その旅はこれからも続いていく。

私はまだ自分が体感できていないことが

あることを知っている。

あなたが今エネルギー哲学®︎に

出会ったのなら

あなたが出会うべきタイミング

だということ。

そこから楽しい旅が始まります。

大丈夫、一回聞いただけで

全部腑に落ちましたとか

あり得ないから笑、

自分の人生を通して、

自分にピッタリのスピードで

楽しい旅は続いていくよ。

あなたがエネルギー哲学®︎と

出会うまでのストーリーを

教えてください。

















全国から続々とお問い合わせをいただいています


閲覧数:119回

最新記事

すべて表示