top of page

Blog

言い切る勇気



椿本千詠(つばもとちえ)です。





ブログなどを読んでいて

思うことがあるので

僭越ながら提言しておきます。

ブログの文章で語尾に「思います」

をわざわざつける必要はありません。

あなたが書いている文章は

そもそもあなたが思ったことを

書いているのだから、

「思います」はいらない。



それでは言いたいことが

ボケてしまう。



言い切りましょう。





極論を言えば

書いてあることが

間違っててもいいです。





あなたはその時

確かにそう思ったのだから、

それでいい。



その他に、自信のなさからか

修飾語がやたら多くて

結局何が一番言いたいことなのか

わからない文章がある。



それでは何も伝わりません。





伝わる文章は必然的に短くなります。



これは随分前に

とある世界的なベストセラー作家から

お聞きしたことですが

書いた原稿の大部分を削ったとのこと。



それはもちろん

ページ数の制約の問題もありますが、

こういう場合はこうで、

ああいう場合はこうで

と言い出したら、

その本で一番言いたいことが伝わらない。



どんな事でも例外はあります。

だから、自信を持って言い切ればいい。



たとえ過去書いていたことが

変わったっていい。

それだけあなたが成長したということ。



世の中で変わらないことなんて

一つもありません。



「過去と言ってることが違いますよね」

というコメントに対しては

「それが何か?」です笑



そこにあなたも付き合って

留まっている必要はありません。

って私も100%言い切れている

わけではないけれど

(自分の事って案外わからないw)



他の方の文章を読んでいて

改めて気づかせていただいたので

自戒を込めて記しておきます。

年末に募集したこちら、

数名募集いたします。

ブログ記事じゃなくてもOKです。



閲覧数:104回

最新記事

すべて表示
bottom of page