top of page

Blog

私には視えていないことがたくさんある、それでも・・・



椿本千詠です。





今日のお話はわかる人にはわかるけど

わからない人には、はあ?っていう

話だと思うので

遠慮なくスルーしてください。





私には視えていないことがたくさんある。

それはもうほとんど盲目と

いってもいいぐらい。




でも、そんな中、針穴を通すように

大いなる存在がはっきりと

私にわかるように

教えてくれる時がある。




私の場合は、

曲や場所が多いかもしれない。




例えばある日は

たまたま惹かれて見た

ドラマのBGMだった。




それは私が中学生の時、

最後の発表会で弾いた

ベートーヴェンのピアノソナタだった。





クラシックは全然詳しくないけれど、

さすがに自分が弾いていた曲はわかる。




そのドラマには私に必要なメッセージが

込められていた。



またあるショッキングな事があった日

たまたまあるCMを見た。





後にも先にもそんなCMを見たことはない。

それぐらいびっくりする

インパクトのあるCMだった。




そこに私は「大丈夫だよ」のメッセージを

はっきりと受け取った。



強烈にその場所に惹かれる時もある。

同じ時期に同じ地名を

何回も耳にする時もある。




公演に演目ではなく

開催される場所目的で

行く時もある。




意味はその時はわからない。

でも私はそこに行かずにはいられない。




そういえばそれで引っ越しもした笑





だから何だと言われれば

それでおしまいなんだけれど、

確認せずにはいられない。




そしてそこでは

これも決まっていたことなのだと

はっきり認識することができる。




気のせいかもしれない、

それでもいい。





とにかくそれは

私をすごく安心させる。





感謝があふれる。

それが私にとっては

大切なことなんだと思う。





ちなみに私は何かの宗教に属してもいないし

これからも属すつもりはない。




スピリチュアルな?誰かの弟子

になるつもりもさらさらない。 でも、ただ見えない世界があることを

知っている。




そうじゃないと説明ができない。

科学や何かで説明できるほど

小さな世界に私たちはいない。





それはあやしくも何ともなく

この世の真理だと思っている。


だから、安心して生きていい。



閲覧数:86回

最新記事

すべて表示
bottom of page