top of page

Blog

お家の中に”ふきだまり”ありませんか。



椿本千詠です。





お家の中に”ふきだまり”みたいに

なっているところありませんか?

キッチンカウンター

ダイニングテーブル

玄関の下駄箱の上

リビングの一角などなど

過去片づけレッスンに伺ったお家では

ダイニングテーブルの上全体に物があって

そこではごはんは食べられない例も

お見かけいたしました。



お部屋ごとふきだまり

みたいなこともよくあります笑

このふきだまり、一つ物を置くと

どんどん増殖していきます。

ご家族で暮らしていると特に。

あるお客様のお家で

床一面に書類が散らばっている例が

ありました。



お子様が帰宅すると

学校でもらって来たプリントを

その部屋に投げ入れるとのこと笑



もうお子様にとって

そこはそういう場所だ

という認識です。



似たようなことがキッチンカウンターや

玄関の下駄箱の上などあちこちで

繰り広げられています。



ここはそういう場所なんだ。

だからいいのだと。。。



だから、片づけない限り物が

どんどん増殖していきます。

人が使えるスペースが

減っていきます。

なぜ、ふきだまりができるのか。





それは戻す場所が

決まっていないからです。



戻す場所がわからない。

だから、とりあえずここに置いておく。



全ての物の定位置が決まっていたら

そこに戻すだけです。



何も考える必要はありません。

とりあえずの場所へ置くのと

労力は全く変わりません。



だから、全ての物の定位置が

決まっていることが

とっても大切です。



片づけ祭り(=一生に一回の片づけ)では

一つ残らず物の定位置を作ります。



どんなに小さな物も一つ残らずです。





物の定位置を決めるときのコツは

いくつかありますが、

その一つは極力分散させないことです。



分散していたら、また迷うんです。

どこにしまうべきか。



そうすると人はまあいっか

とりあえずここに置いておこう・・

となります。



だからご家族でも迷う余地なく

直行できる収納場所を

明確に作ることです。

そして大事な大事な大前提は

まず必要な物だけにすること。





もうあなたにとって不要な物を

いくら綺麗に収納したところで

何の意味もありません。





その労力がもったいないです。



片づけと収納はイコールでは

ありません。

収納は片づけの一部です。





参考にしてみてくださいね。






一生に一回の片づけだから

徹底的にていねいにていねいにいたします


閲覧数:51回

最新記事

すべて表示
bottom of page